血流が悪かったり昼のたるみが原因の目のクマの原因と消す方法とは?

血流が悪かったり、皮膚のたるみが原因でクマが出来ます。そのため血流を良くしてあげることが大切になります。血流を良くするためには、マッサージやツボを押すことがとても効果的です。それと、シミが原因となるクマも、血流を良くすることによって改善します。なぜ血流をよくするとクマが消えるのかというと、血液は酸素や栄養を届ける働きがあります。そのため血流を良くすることで栄養が行き届き、皮膚の新陳代謝が活発になるためです。新陳代謝が活発になることにより、メラニン色素が排出されるためです。ちなみにメラニン色素とは、紫外線や摩擦によって生成されるもので、過剰生成されるとシミやシワの原因となるのです。

それではクマを消したり予防するためには、どうすればいいのかを話していきます。
まずは目の周りの血流を良くすることです。そのためにはマッサージが効果的です。摩擦によってもメラニン色素が生成される為、専用のクリームなどを塗って滑りやすくしてマッサージをすると良いでしょう。目は大切な体の一部なのです。強くマッサージしたりすると眼球を傷つけてしまう恐れがあるので、優しくマッサージしてあげると良いです。そして強くやり過ぎることによって、強い摩擦が生まれメラニンが生成されてしまうのでシミが出来やすくなります。これらの理由から、やさしくやってあげると良いです。そしてツボを押すことも血流を良くしてくれます。

リンパマッサージも血流を促進してくれます。リンパの流れが悪くなると、老廃物が溜まりやすくなります。それがむくみやたるみとなりクマを目立ちやすくするのです。なので、むくみやたるみを改善してあげると良いです。やり方としては、耳の後ろの骨の部分にあるリンパ節をゆっくり押します。次に両耳を真横に気持ちが良いとこまで引っ張って、維持します。耳の上の方と真ん中らへんもやってあげると良いでしょう。三つめは、耳たぶのしたから上にかけてモミモミしてあげましょう。

四つ目に、耳の前のフェイスラインに指のお腹を当てて、頭のてっぺんに向かって、側頭部の皮膚を優しく持ち上げるように移動させます。五つ目に、おでこの生え際に指のお腹を当て、頭のてっぺんに向かって、前頭部の皮膚を優しく持ち上げるように移動させます。六つ目は、首から鎖骨に向けて手の平で優しくこすりながら血流を促進させ、終わりに脇の付け根をゆっくりと押してあげます。

これらのマッサージなどで、血流を良くすることによってクマが消えたり予防となります。コツコツと毎日することが大切です。

小学生のころから悩んでるクマの話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする