目の下にクマがあるのが格好悪い。何とかしたい!

目の下にクマがあると、印象が悪いし格好悪いものです。一般的には寝不足だったりすると目の下にクマが出来ると考えられています。それも間違ってはいませんが、目の下のクマは、その他の事が原因でも出来ます。では目の下にクマが出来る原因とはなんなのかを説明していきます。

目の下にクマが出来る原因としては、基本的には血流が悪くなって目の下にクマが出来ます。なので、血流を良くすることが大切になります。マッサージやツボを押して血流を改善すると良いでしょう。ここで気を付けたいことは、眼球を傷つけないように優しくマッサージをすることです。クマの原因となるメラニン色素は、摩擦によっても作られますので、専用のクリームなどを使って優しくマッサージをすると良いでしょう。

そして目の下にクマが出来る原因として、病気の可能性もあります。クマが出来たら病気のサインかもしれないので注意が必要です。それではどんな病気が考えられるのかを説明していきます。

先ほども説明しましたが、クマの原因は血行不良によるものです。その血行不良の原因として、鉄欠乏性貧血の可能性があります。簡単に言うと貧血です。貧血になると血流は悪くなります。だから、クマの原因が貧血でしたら、食事を改善して鉄分を摂ることが大切です。もし貧血がひどいようなら病院にいきましょう。

目の下のクマの原因として、バセドウ病の可能性もあります。バセドウ病とは、喉の甲状腺で生成される甲状腺ホルモンが多量に分泌する病気です。眼球が出て、眼球の下にある脂肪も出てきてたるみになり、クマが出来るのです。バセドウ病は、甲状腺が腫れあがったり、多汗症になったり、手指が震えたり、疲れが溜まっている感じがしたり、体重が落ちるなどの症状があります。その場合は速やかに病院に行ってください。

そしてクマが出来る原因として、肝臓や腎臓の疾患が原因の場合があります。肝臓や腎臓が悪くなると、血流が悪くなり目の下のクマの原因となります。病気でなくても、お酒の飲みすぎや偏った食生活や過労などによって内蔵が疲れると、このような場合になる可能性がありますので、注意が必要です。

あとクマの出来る原因として、うつ病やアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性も考えられます。うつ病になると、自律神経に異常が出る為に血流が悪くなり、クマの原因となります。
そして目の周りがくすむアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎は、目の周辺に花粉やハウスダストが付いて炎症を起こし、こすったりしてクマの原因になります。そのままにしておくと、酷いクマになりますので、病院に行くといいでしょう。

目の下のクマが出来たら病気の可能性もありますので、楽観的に考えず注意が必要です。

小学生のころから目の下のクマに悩む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする